ABOUT 園の概要

GREETINGS ごあいさつ

「自然とかかわり、遊びや労働の活動」を通して、確かな育ちを保障し、育てていきたいと願っています。
ほくぶ幼稚園園長 木村さつき

長年、私立幼稚園で保育者として、色々な子どもたちとの出会い、子どもから学ぶことが多く保育者として助けられてきました。

子どもたちのまっすぐなまなざし、豊かな感性は、素直に興味・関心をぶっつけてきます。

「なんしよっと?」「なんで〇〇すると?」と質問がいっぱいです。その質問に向き合いながら一緒に不思議を発見していくといつの間にか子どもたちは保育者を越え、探求心に火が付き”〇〇博士”とまわりの子どもたちからも認められる存在となっているのです。

そんな姿をみると、それぞれの子どもたちの好きが認められる子どもたちの出会う環境を豊かなものにしたい!と思います。特に自然体験は、自分の思うようにいかず、水をあげないと枯れてしまうこと・餌をやらなかったり、触りすぎたりすると死んでしまうことを何度も体験し、年長になって年下の子どもたちに伝えている姿もあります。

また、この子ども時代の始まりは、幼稚園だけでないことを認定こども園となったほくぶ幼稚園の未満児の子どもたちとの出会いから教えられました。長時間、信頼できる保育者と一緒にゆったりと安心して過ごす空間の中で、楽しい歌や絵本・自然など興味関心がいっぱいの環境で過ごすことで豊かな感性が培われていることを毎日、目の当たりにしています。

子どもたちには、一人ひとりの思いや願いや性格の違いもあり、表現方法にも違いがありますが、その違いに寄り添い受け止めてもらうことで自分の思いを出せるようになります。だからこそ、0歳児のようにことばのない子どもの思いも大人が代弁し、受け止めてもらうことで育ちあいが始まっています。

園の環境として、子どもたちの園生活の中にあるおもちゃ・絵画や絵本や音楽などの文化・自然の生き物などの出会いが質の高い環境であるよう研究し続けること、そして、子どもと子どもを繋ぐ橋渡しとなる温かいまなざしの保育者と一緒に園づくりができたらと願っています。

日頃からお世話になっている地域の皆様や保護者の皆様に助けていただきながら、子どもの感性をより豊かに「こんなことしたいな」「あんなふうになりたいな」と思える子どもたちが育ってくれるようにと願っています。宜しくお願いいたします。

POLICY 目標・理念

子どもが子どもらしく在り続ける生活を保育の中に!

  • 子どもが子どもらしく在り続ける生活を保育の中に!
  • 自然の教育力から学び保育活動の基本にすえる
  • 人間が人間らしくあり続けるために必要な「文化」を育む日常を
  • 自然環境を破壊から守り、生きる基本の食生活を安全に
  • 自分育てと他者への優しさを育み社会性を豊かに育てる
  • 生きるうえで大切な「知恵と技」を面白さ・楽しさにつなげる身体作り
  • 身に付いた意欲を系統的な学習とつなげ、自己コントロールできる感性に

と目標を掲げて幼稚園作りをしてきましたが、
それは今ではもっとも重要な課題となり、
子育てが困難な時代・益々少子化の進む中、
根本的な解決に向かっていかなくてはなりません。
特に保護者の皆さんに目で見える活動の内容として、

  • 「自然から学ぶ事」
  • 「不思議で面白くてわくわくする体験」
  • 「子ども同士だからおきるぶつかり合い」
  • 「互いに認め合い育ちあう子ども集団」
  • 「生活に必要な技を身に付ける仕事」
  • 「みんなと力をあわせて見通しを持った達成感のある活動」

そして活動の内部に焦点をあてプログラム化しています。特別支援教育の重要も考え、どの子も育ちあう楽しい園生活を考え実践しています。

自然の教育力から学び
保育活動の基本にすえる
人間が人間らしく
あり続けるために
必要な「文化」を
育む日常を

 子どもは皆平等に育っていくという立場で、保育者の学習と研究を積み重ね、保護者の皆様との話し合い等をとおして、子どもを受け止めるエネルギーを作っているような気がします。教育現場というものは、このような営みの連続ではないでしょうか?そのエネルギーは子どもたちからもらっていると感じています。

自然から学ぶ事
不思議で面白くて
わくわくする体験
子ども同士だからおきる
ぶつかり合い
互いに認め合い
育ちあう子ども集団

CLASS クラス編成

年長組
(5歳児)
きりん ぞう
年中組
(4歳児)
うさぎ ぱんだ
年少組
(3歳児)
ぺんぎん あひる
満3歳児
つくし
2歳児
ちゅうりっぷ
1歳児
たんぽぽ
0歳児
すみれ

園に来る時間
帰る時間

登園
時間

自主送迎
8:30 ~ 9:00

バス利用順次
8:00 ~ 9:00

帰る
時間

自主送迎
14:00 ~

バス利用順次
14:00 ~ 15:00

運営評価と外部評価

園則/重要事項説明